御挨拶 同窓会長 | 岐阜薬科大学同窓会

会報九重(ここのえ)

御挨拶 同窓会長

message

 同窓会会長 宇野  進

宇野進

 岐阜薬科大学同窓会員の皆様方には、各界で益々ご健勝に活躍のこととお慶び申し上げます。
本年4月より元愛知県副知事、本学大学17回卒業の稲垣隆司氏が新しく学長に就任されましたこと、心よりお祝い申し上げます。稲垣氏が 学長に就任されたことで岐阜薬科大学の更なる 発展につながるものと楽しみにしております。
薬科大学が社会から求められている事は、今までにない新しい事、高齢化社会に対応できる薬剤師です。また、病院完結型医療から地域完結型医療に我々も参加の必要性が高まります。
現在、一般的な薬科大学、 薬学部は、 高齢化、多職種連携に対する教育が不十分で、薬学生の新しい実務実習でのコアカリキュラムの変更に対する備えはこれからという現状です。 本学では、本年より京都府立医科大学での在宅チーム医療推進学講座と連携して、医学、看護学と薬学が多職種連携して研究していく大学院博士コースをスター卜させました。現在このコースは全国初となります。
今、私達の業界は注目されています。我々同窓会も学歌にありますように、もう一度、健児よ侠つべしです。

同窓会活動について
先日19回卒の同窓会が京都で開催され、お招きいただきました。大変盛会で楽しいひと時を過ごさせて頂きました。また、11月に鹿児島で開催される日薬学術大会に九州支部主催で同窓会を開催される予定です。私も出席させていただきます。
同窓会の開催は支部毎で開催されるのではなく、種々の機会を利用して開催していただいていると思います。来年も出来るだけ支部同窓会に出席させていただくつもりですで、ゆう薬局の本部へ早めに報告頂けたら大変ありがたいです。
「九重」の内容の充実にもなります。どうぞよろしくお願いいたします。

九重80号より

岐阜薬科大学

HOMEに戻る

top