御挨拶 名誉会長 | 岐阜薬科大学同窓会

会報九重(ここのえ)

御挨拶 名誉会長

ご挨拶

岐阜薬科大学学長 勝 野 眞 吾

岐阜薬科大学同窓会会員の皆様方には、益々ご健勝にご活躍のこととお慶び申し上げます。皆様方には教育研究基金をはじめ、なにかと大学にご支援いただいておりますこと、厚く御礼申し上げます。
本年3月17日、学部の卒業式および大学院修士課程の学位授与式(修了式)を行いました。今回、6年制の薬学科を卒業した学生は68名、彼らは、新しい薬剤師国家試験に臨み、本学の合格率は94.12%で、全国でも上位でした。また、4+2年制の薬科学科大学院を修了した学生は32名、そして薬科学科の学部を卒業した学生は31名でした。薬学科を卒業した学生と薬科学科修士課程を修了した学生は、平成18年に始まった新しい薬学教育で育った第1期生です。それぞれ第1期生としての、良い意味での緊張感と高いモチべ—ションをもって学生生活を送っているのを間近に見てきました。本学の卒業生、修了生として自信をもって社会に送り出すことができます。どうか、彼らに対しての温かいご支援とご指導、ご鞭撻をいただきますようよろしくお願い申し上げます。
卒業に際して、卒業生は同窓会への入会を行いました。昨年は初めての試みとして同窓会東京•東北支部および大阪支部総会へ、学生を参加させていただきましたが、この試みは毎年続けたいと思います。また、医薬品医療機器総合機構(PMDA)やいくつかの企業に在籍されておられる同窓会会員のご協力により、同窓の方々と本学の学生、院生との交流の場を設けることができました。講義形式あるいはTV会議形式で行われる交流のなかで、学生達が質問し、それに対して暖かく、率直なコメン卜が返される様子は、同窓会と在学生とのあり方に新しい可能性を感じさせるものでした。今後もいろいろな機会を通じて、在籍する学生たちに本学同窓会のもつ大きな意味について考えさせたいと思います。ご協力をよろしくお願いいたします。
既にご案内を差し上げていますように、本年9月22日(土)に、本学の創立80周年記念式典と記念祝賀会を挙行いたします。
同窓会の諸先生方には、是非お誘い合わせのうえ、ご参加をお願い申し上げます。本年4月4曰には入学式を行い、学部に169名(薬学科100名、薬科学科69名)、大学院に40名(修士課程31名、博士課程9名)の新入生を迎えました。今年も、意欲のある質の高い学生達が加わってキャンパスに新しい活気が満ちています。記念式典等にご来学の折りには学生達の元気な姿も見てやっていただきたいと思います。
末筆ながら、同窓会の諸先生方には後輩のため、母校の発展のために、今後とも一層のご指導とご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。
会員の皆様方の一層のご健康とご発展をお祈り申し上げ、ご挨搜とさせていただきます。

[平成24年8月記]

岐阜薬科大学

HOMEに戻る

top