同窓会誌 「九重」 第78号 訂正とお詫び | 岐阜薬科大学同窓会

新着情報

同窓会誌 「九重」 第78号 訂正とお詫び

2013年10月07日

26頁 講座・研究室短信に〈薬物送達学大講座 製剤学研究室〉文章の脱落がございましたことをお詫びして訂正いたします。

〈薬物送達学大講座・製剤学研究室〉

本年五月に熊本大学より、小野寺理沙子博士を助教として迎え、現在は、竹内洋文(教授)、田原耕平(講師)の 3 名の教員体制となりました。また、本年度より吉安有見子さん(嘱託)も研究室の一員として加わり、研究室、学会運営の事務処理体制は万全となりました。

竹内は昨年度に引き続き学生部長兼任ということもあり、本年度も全員、さらに多忙な毎日を送っています。

研究室メンバーは、社会人を含む博士課程学生 8 名、および修士課程大学院生 8 名、学部学生 14 名の構成となっています。

研究室では、全員が「人に優しい製剤設計」を目標として研究に励んでおり、その成果を薬剤学会、粉体工学会等の各種学会で発表しています。

また、竹内も7月には CRS 学会で招待講演を行ってきました。

九重編集委員会

岐阜薬科大学

HOMEに戻る

top